富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、浜野一典社長)は、4月17日、仮想ネットワーク「サービスバス」とIaaS「HyConnect」によるデータセンター(DC)仮想化を強化し、スピーディで低価格のハイブリッドクラウドを提供すると発表した。

 「サービスバス」はDC基盤として、IaaS監視サービスなどをプラグイン感覚で簡単に利用できる環境を提供する仮想ネットワークで、6月から整備を進める。また、機能や価格レンジが異なる3種類のIaaSを、4月17日に「HyConnect」として提供した。「HyConnect」は、低価格・スピーディな「HyConnect/オープンパブリック」、導入から運用までをトータルにサポートする「HyConnect/マネージド」、個別構築で最大限の安全性を確保する「HyConnect/プライベート」の3種類。

 富士通FIPのDCを利用する顧客は、オープンソースを活用して価格を抑えたパブリック型IaaSをはじめ、マネージド型やプライベート型のIaaSを「サービスバス」で接続・組み合わせることで最適なシステム運用ができる。

 富士通FIPは、DC仮想化の強化によって、コストパフォーマンスの高いハイブリッドクラウドをスピーディに提供できる環境を整備し、これまで提供してきた仮想環境への移行プラン提案などを行う「仮想化アセスメント」とあわせて、顧客システムの最適なクラウド化を広くサポートする。また、幅広い顧客に対応するために、富士通の「FUJITSU Cloud Initiative」体系の1サービスとして提供していく。今後2年間で400社への販売を目標とする。