富士通マーケティング(生貝健二社長)と富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、浜野一典社長)は、カジュアル衣料のライトオン(横内達治代表取締役)が4月1日に提供を開始する「Right-on 新メンバーズカード」サービス向けに、富士通FIPのSaaS型ポイントサービス「ValueFrontポイントサービス」を提供する。

 「ValueFrontポイントサービス」は、メンバーズカード会員データの「収集」「管理・分析」「アプローチ」の機能をSaaS型で提供するもの。ライトオンは、店舗とオンラインのポイントサービスを融合し、顧客情報の一元管理するとともに、付加価値の向上と効果的な販売促進を目指し、新たな価値提供とブランド構築を図る。

 ライトオンは、これまで店舗でのカード、オンラインショップ、メルマガの会員情報を個別に管理していた。店舗とオンラインショップのポイントサービスには互換性がなく、オンラインショップで貯めたポイントは店頭で利用することができなかった。店舗とオンラインショップの購買履歴の比較や顧客分析、購買分析、キャンペーン後の効果測定などができず、顧客の利便性向上と効果的な販売促進が課題となっていた。さらに、4月からの消費税増税による個人消費の落込みも懸念され、新たな価値提供による新規顧客の開拓も必要とされていた。

 富士通マーケティングと富士通FIPは、富士通マーケティングがライトオンに長年ITインフラから店舗系システム、会計などの基幹システムまで幅広く提供して培ってきたノウハウと、流通小売業を中心に数多くの導入実績のある富士通FIPの「ValueFrontポイントサービス」を活用し、「Right-on 新メンバーズカード」サービスを構築した。

 「Right-on 新メンバーズカード」サービスは、ポイント会員登録・会員証機能、顧客・購買動向分析機能、効果検証機能、販促メール機能などポイントサービスを実施する際に必要な機能をワンストップで提供。富士通マーケティングが提供する最新の専門店向けPOS「TeamStore/S」と接続し、リアルタイムでポイント情報を反映する。また、短期間でサービスを立ち上げることができるSaaS 型サービスとしての特徴に加え、これまで培った導入・移行のノウハウによって、スムーズなシステム統合を実現する。

 今後、ライトオンは、「Valuefrontポイントサービス」の機能を活用し、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用したサービスの提供で、会員獲得策を強化し、ライトオンならではの新たな付加価値の提供によってブランドロイヤリティの向上を目指す。富士通マーケティングと富士通FIPは、ライトオンのパートナーとして、ライトオンのビジネスを支援する。