ぷらっとホーム(鈴木友康社長)は、4月23日、M2M(マシン・トゥ・マシン)やIoT(モノのインターネット)システム実装向けに、動作温度条件を-20~65℃と大幅に拡大したマイクロサーバー「OpenBlocks A7/InCabi」を発表した。

 「OpenBlocks A7/InCabi」は、ベースモデルの「OpenBlocks A7」の高い汎用性と豊富な拡張性はそのままに、M2MやIoTで必要となる寒冷地から猛暑地域までの屋内外キャビネット収容に対応。幅広い地域や利用環境での使用に最適な環境性能拡張モデルだ。

 「OpenBlocks A7」のすぐれた拡張性やパワフルなコンピューティング能力を踏襲し、2ポートのGbEや1GBのメインメモリを搭載。インターネットでの標準プロトコルTCP/IP はもとより、汎用Linuxの特徴を生かしてHTTP、REST、SOAPなどの高度な広域インターネットプロトコルに対応する。さらに、これまでニーズの多かった寒冷地や極寒地域、猛暑地域など、多様な環境下でのキャビネット内収容を実現するために、本体動作温度を拡大した。

 データの加工や処理・判断のための柔軟で高度なプログラミングができるOracle Javaの搭載にオプションで対応。Java上に形成したソフトウェア資源を活用することができる。また、主要な通信事業者に対応した3G通信モジュールの内蔵に対応する。さらに出荷時搭載オプションとして、ローカルバス接続のためのRS-485インターフェースを提供する。

 価格はオープン。出荷開始は7月以降を予定している。