ぷらっとホーム(鈴木友康社長)は、12月5日、多拠点で大容量のデータを高速配信する「EasyBlocks SkeedDelivery アプライアンス」を発売した。

 ぷらっとホームの法人向けネットワークアプライアンス「EasyBlocks」に、Skeed(明石昌也代表取締役CEO)の開発した分散配信技術ソフトウェア「SkeedDelivery」を搭載した多拠点・高速情報配信アプライアンス。連鎖型・分散型の情報伝達を行うことで、これまでは衛星回線などによる高額な手段でしかなかった全国規模・全世界規模へのデジタルバルク(大容量)ファイル配信を、一般企業や組織でも容易に行うことができるようになった。

 Skeedの多段転送・マルチパスのP2Pアーキテクチャソフトウェアで、中央の配信元サーバーの負荷や回線コストを最小限に抑えながら、多拠点への高速なコンテンツ配信を実現。配信元の大容量データは、拠点側のサーバーを経由し、連鎖型・分散型で他の拠点へ配信される。これによって、本支店の回線やネットワークの増強コストを抑制しながら、高速情報配信を実現する。

 配信制御を自動化し、各拠点の配信状況の確認や配信先の急な追加や、何らかの障害で回線瞬断が生じた際には、復旧後に自動再開するレジューム機能などを備える。

 価格は、配信元サーバー、配信先ノードともにオープン。適用規模は30台から1万台程度のサーバーを抱え、多くの拠点をもつ法人で、利用にあたっては別売のセンター側サーバーが必要となる。