新日鉄住金ソリューションズ(謝敷宗敬社長)は、プライベートクラウド構築支援サービスとして提供してきた「NSGRANDIR+(エヌエスグランディール・プラス)」を、企業向けクラウドサービス「absonne(アブソンヌ)」シリーズに統合する。これによって、パブリックからプライベートまで、さまざまな形態のサービスをハイブリッド型で提供する能力を一段と強化する。

 「absonne」関連事業を担当する大城卓取締役上席執行役員は、「ユーザーの間では、従来のオンプレミス型、Amazon AWSのようなパブリッククラウド、当社が提供している企業向けクラウドサービスを複合的・統合的に運用したいというニーズが高まっている」として、今回、複数形態のクラウド関連サービスを統合するかたちで「absonne」サービスを大幅に刷新する。 
 

大城卓取締役上席執行役員

 多様化するクラウド関連のニーズにワンストップで対応することで、「absonne 」を中核としたクラウド関連サービスの売り上げを、向こう3年で現在の約2倍に相当する200億円に拡大する。(安藤章司)