アジア成長市場で、SIerのビジネスが広域化している。野村総合研究所(NRI)や新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)、DTS、電通国際情報サービス(ISID)といった大手SIerが相次いでASEAN地域への拠点を増強。アジアにおける活動エリアの広域化がより鮮明になってきた。地場市場へのIT商材販売や、オフショアソフト開発などの動きを追った。(取材・文/安藤章司)