ディアイティ(下村正洋社長)は、米CyberArkが開発した世界初の特権アカウントを利用したアクセス状況の監視・分析に特化したソリューション「CyberArk Privileged Threat Analytics(PTA)」を、5月15日に発売する。

CyberArk Privileged Threat Analytics(イメージ)

 「PTA」は、特権アカウントを利用したアクセス状況に特化して監視することによって、リアルタイムでアクセスの異常を検知・分析し、不正アクセスによる被害を最小限にとどめるソリューション。特許技術の自己学習機能を備えた分析アルゴリズムを用いて、個々の特権アカウントの過去のアクセス状況を分析し、異常アクセスの判断基準となるベースラインを自動作成し、このベースラインをもとにリアルタイム監視の状況、相関関係を分析アルゴリズムで分析する。

 異常アクセスが検知された際には、迅速にインシデントの詳細と精査のためのリンクなどを含めたアラートを発信し、管理者は現在進行中のサイバー攻撃を隔離、防御することができる。インシデント内容は、内蔵のダッシュボード上で精査できるだけでなく、システム内の既存SIEMと連携する。

 ディアイティは、「PTA」の発売に伴い、特権ID管理ソリューション「PIM Enterprise Suite」をバージョン8.5にアップグレードする。設定時の共通項目に「マスターポリシー」を利用できるなど、管理者の負担をより軽減する機能を搭載した。「PIM Enterprise Suite」と「PTA」を連携させることで、さらにセキュアな特権ID管理が実現する。

 税別価格は、「PTA」が430万円から、「PIM Enterprise Suite」が257万円から。