セイコーエプソン(碓井稔社長)とエプソン販売(平野精一社長)は、5月13日、初期費用がかからず、機器やインク、保守サービスの月額料金が1万円から利用できるプリントサービス「エプソンのスマートチャージ」の提供を、8月に開始すると発表した。

 「エプソンのスマートチャージ」は、コピー機やプリンタ、管理や使用にかかるコストを大幅に削減するサービスで、契約したユーザー企業に対して、コピーやプリント、ファクス、スキャナの機能を搭載したビジネスインクジェット複合機の専用モデルを貸与する。ユーザー企業は機器の購入が不要で、月額料金を支払えば、コピーやプリント、インク、保守サービスなどを利用することができる。

 エプソン販売の平野社長は、「国内PPC(普通紙複写機)用紙の市場は、2010年以降、年平均2%の伸長を続けている。直近は、リーマンショック以前の水準に回復している」と、企業でコピーやプリントの利用が増えていることを説明したうえで、「複写機市場が堅調に拡大し、なかでもチャージ単価の下落によってコピーの利用が増えている。この傾向は今後も続くだろう」と分析した。

エプソン販売の平野精一社長

 また、エプソン販売の中野修義取締役販売推進本部長は、「ビジネスの現場では、管理者側がプリントコストを抑えるためにカラープリントを制限したり、導入コストが高い障壁となって、コピー機やプリンタを追加しないことで待ち時間が増え、業務効率が落ちたりしてしまうという課題を抱えている」と述べ、このサービスが企業の課題を解決することをアピール。「毎月1000枚以上のコピーやプリントを行う企業を対象にサービスを提案していく」という方針を示した。

エプソン販売の中野修義取締役

 サービスのプランは4種類。カセット2段で最大831枚が供給できる機器を貸し出すプランを月額1万円に設定し、モノクロ2000枚とカラー600枚のコピーやプリントができる「スタンダードB」、モノクロとカラーともに1000枚が上限の「フルカラーB」を用意した。また、カセット4段で最大1831枚が供給できる機器を貸し出すプランを月額1万2000円に設定し、モノクロ2400枚とカラー720枚の「スタンダードF」、モノクロとカラーともに1200枚の「フルカラーF」を用意。どのプランも5年間の契約が前提となる。

 サービスは専用販売代理店経由で提供する予定で、「現在、120社程度の販売パートナーを確保した」(中野取締役)という。販売目標は、初年度に2万件。また、将来は250社程度まで販売代理店を増やす計画で、中野取締役は、「そのときは、年間3万件程度は獲得してきたい」とした。(佐相彰彦)