セイコーエプソン(碓井稔社長)は、商業・産業向けインクジェットプリンタ「SureColor」のPOP/ポスター/CAD用途向け4色モデル「SC-Tシリーズ」の新商品として、さらに使いやすく進化した「シングルロール機」、高生産性を実現するエプソン初の「ダブルロール機」や大判スキャナを組み合わせた「大判複合機」、A4またはA3サイズのフラットベッドスキャナを組み合わせた文教向け「フルカラー拡大コピー」など、全30機種を5月下旬に発売する。

 新商品は、「PrecisionCoreTFPプリントヘッド」の搭載と「UltraChrome XDインク」採用によって、高品質印刷と高速印刷を同時に実現。内蔵メモリを従来機種の640MBから1GBにすることでクライアントPCが占有される時間を短縮する。また、プリンタの操作パネルの液晶画面を2.7インチにサイズアップするなど、使いやすさを向上している。

 従来の「シングルロール機」に加えて、ロール紙を2本同時にセットでき、生産性が向上する「ダブルロール機」を投入。また、建築・土木・設計現場などで、パネル操作だけで青焼き図面のコピーや、手書きで修正した図面のデジタル化などができる大判スキャナを組み合わせた大判複合機も発売する。これによって、インクジェット方式の大判複合機市場に参入する。

 文教・流通小売など向けには、プリンタとA4またはA3サイズのフラットベッドスキャナを組み合わせたフルカラー拡大コピー機や、素材テンプレート集、長尺作成ソフトウェアを組み合わせたセットモデルを用意する。

 セイコーエプソンは、新商品を含む「SureColorシリーズ」全体で、今後1年間で1万台の販売を予定している。