エプソンダイレクト(吉崎宏典社長)は、6月3日、4万円台からの価格を実現した14型液晶搭載スタンダードノートPC「Endeavor Sシリーズ NY2400S(Endeavor NY2400S)」を発売した。

 「Endeavor NY2300S」の後継モデル。スタンダードノートPCに多く採用されている15.6型HD(1366×768)液晶と同じ解像度を備えながら、ひと回り小さな14型HD(1366×768)ノングレア液晶を採用する。幅339×奥行き240×高さ19~33mm、重さ約1.9kgのケースは、従来モデルからデザインを一新。チップセットには、モバイルインテルHM86 Expressチップセットを採用する。

 「インテルCeleronプロセッサ搭載モデル」と「インテルCore i5プロセッサ搭載モデル」の2種類のパッケージモデルを用意。BTO対応モデルに比べて、より簡単に購入できる。CPU、CPU内蔵グラフィックス以外のシステム構成は、両モデル同一。

 税別価格は、「インテルCeleronプロセッサ搭載モデル」が4万6000円、「インテルCore i5プロセッサ搭載モデル」が6万2000円。