三井情報(MKI、齋藤正記社長)は、6月10日、顧客がWi-Fiを利用する際に必要な環境構築から保守・運用までを担う「MKI マネージド Wi-Fi」を、6月から販売すると発表した。

 「迅速に、自由に、便利に、品質よく、しかも安く」をコンセプトに、Wi-Fi利用に必要な環境を顧客ごとに自社データセンター内で仮想的に構築し、管理者に代わって保守・運用などの業務サービスを提供するサービス。顧客の環境には、シスコのアクセスポイントだけを設置し、そのほか必要なサーバーなどはMKIのデータセンターに構築する。

 これによって、顧客は気軽にWi-Fi環境を導入することができる。また、その後のめんどうな保守・運用はMKIが行うことで、顧客側の負担を軽減する。

 利用料は、初期費用が3万5000円から、月額利用料は2500円から。シスコのAP費用は含まれない。MKIは、3年間で5億円の販売を見込んでいる。