インフォサイエンス(宮紀雄代表取締役)は、AWS CloudTrailのログ収集・分析に対応する「Logstorage」のオプション製品「Logstorage AWS CloudTrail連携パック」を、8月1日に発売する。

 「AWS CloudTrail」は、AWSアカウントの操作履歴を記録・出力するサービス。AWSサービス上で行ったアクションや時間、リクエスト情報、接続元のIPアドレスなどを記録できる。「Logstorage AWS CloudTrail連携パック」は、CloudTrailが記録したログデータを、定期的にインフォサイエンスの統合ログ管理システム「Logstorage」に収集し、解析・分析を行うためのオプション製品。

 「Logstorage」は、動作プラットホームとしてAWS EC2をサポートしているので、ログ管理環境をすべてAWS上に配置し、ウェブブラウザでログの管理・分析ができる。これによって、指定外のIPアドレスからAWSアカウントにアクセスされていないか、勝手にインスタンスが停止されていないか、セキュリティポリシーが変更されていないかなど、利用状況を正確に把握できる。

 AWS上のシステムでもコンプライアンス対応、セキュリティ分析、運用上のトラブルシューティングを実現できるので、監査への対応はもとより、ニーズが高まるPCI DSSへの準拠にも有効に活用できる。