セイコーエプソン(碓井稔社長)は、ビジネスプロジェクタの新製品として、多機能パワーモデル「EB-1985WU」「EB-1975W」とスタンダードモデル「EB-W28」を、8月21日に発売する。

 「EB-1985WU」「EB-1975W」は、多機能パワーモデルの新ラインアップ。重さ約4.6kgのデスクトップサイズで、大会議室での使用にも適している。「EB-1985WU」は、フルハイビジョン以上の高解像度であるWUXGA(1920×1200)にリアル対応し、明るさ4800lmを実現。製造部門や開発部門の設計図面や工程表などのような繊細な表示や投写にも活用できる。「EB-1975W」は、5000lmの明るさで、PCで主流の解像度WXGAにリアル対応する。

 ビジネスシーンでの活用が急速に普及しているスマートデバイスやノートPCとの連携を強化した。スマートフォンやタブレット端末、ノートPCからフルHDの動画や写真を投写できる「スクリーンミラーリング機能」で、高品質な映像投写に対応する。MHL対応スマートフォン/タブレット端末とHDMIケーブルで接続して、画面を投写することができる。

 現行モデルと同様にオプションの無線LANユニットを装着し、無償のアプリケーション「Epson iProjection」を利用できる。AndroidやiOS搭載のスマートフォンやタブレット端末からドキュメントファイルや写真、Webサイトに加えて、Evernoteなどのクラウドアプリケーション内のファイルをワイヤレスで投写する。

 このほか、周囲の光に合わせて明るさを自動調整する「照度センサー」を新たに搭載するとともに、「ピタッと補正」として、スクリーンに投写する際にワンタッチで枠にぴったり合わせる「フレームフィット」機能や、投写の際にリアルタイムで歪みを補正する「自動タテヨコ補正」機能なども対応する。

 「EB-W28」は、スタンダードモデル「EB-W18」(13年8月発売)の後継製品。重さ約2.4kgのコンパクトサイズで、基本性能と使いやすい機能を搭載した。明るさは2900lmで、解像度はリアルWXGA対応。新機能の搭載によって、オプションの無線LANユニットを装着して利用する「EpsoniProjection」が、さらに簡単に利用できるようになった。投写画面のメニューに表示されるQRコードをスマートフォンやタブレット端末のカメラで読み取るだけで、簡単に無線接続ができるので、準備に時間を取られずにスムーズに会議をスタートすることができる。MHLにも新たに対応している。

 新モデルは、いずれも本体LED点灯色(電源入ランプ)、リモコンボタンの色、環境設定メニューで、色覚の個人差を問わず、多くのユーザーが使いやすいよう、カラーユニバーサルデザインに配慮した。

 価格はオープン。予想市場価格は、「EB-1985WU」が54万円台後半、「EB-1975W」が39万円台後半、「EB-W28」が9万円台前半。セイコーエプソンは、新製品を含む多機能パワーモデルとスタンダードモデルで、今後1年間に合計10万台の販売を予定している。