富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、浜野一典社長)は、8月6日、パブリック型IaaS「HyConnect(ハイコネクト)/オープンパブリック」で、大阪千里データセンターを拠点とした西日本リージョンでの提供を開始した。東日本リージョンは、すでに横浜データセンターを拠点としてサービスを提供している。

 「HyConnect/オープンパブリック」は、仮想マシンやディスクを顧客自身がセルフポータルから自由に増減できる時間課金のサービス。ビジネス状況に合わせたスピーディな環境構築とコスト最適化を図ることができる。西日本リージョンでのサービスの提供によって、ユーザー企業は、システムの状況に応じて、物理的な距離があり、電力供給エリアも異なる東日本と西日本の二つのリージョンから、柔軟に選択することができるようになった。

 すでに大阪千里データセンターで同社のほかのIaaS「HyConnect/プライベート」などを利用しているユーザーは、同一センター内で「HyConnect/オープンパブリック」と構内接続するハイブリッドクラウドを構築することもできる。

 災害対策としては、「HyConnect/オープンパブリック」の東日本リージョンや富士通FIPのホスティング・ハウジングなどのユーザーが、西日本リージョンにディザスタリカバリシステムを構築して利用することができる。平常時はコールドスタンバイ構成とすることで、コストを最適化する。また、自社内にデータをもつユーザーが、東西に分散したバックアップができる。

 富士通FIPは、今後2年間で450社への販売を目指す。