アシスト(大塚辰男社長)は、8月7日、米Progress Softwareが開発したBRMS(ビジネスルール管理システム)製品「Progress Corticon」のルールモデリング・コンポーネント「Progress Corticon Studio」を90日間無料で利用できる「評価版」のダウンロードサービスを開始した。

 アシストは、情報活用基盤の構築を支援するラインアップの拡充を目的に、2013年11月から「Progress Corticon」を取り扱っている。「Progress Corticon」は、100%コーディングレスでルールの追加・変更を迅速にシステムに展開できるだけでなく、ルールを記述した段階で論理エラーの有無を1クリックで自動検証し、矛盾性や曖昧性をすばやく発見できる。また、Progress Softwareが特許取得済みの独自のアルゴリズムによって、ルール数やデータ処理の複雑さが増しても高パフォーマンスで動作する。

 世界で500社以上の導入実績がある「Progress Corticon」をユーザー企業に体感してもらうことを目的に、90日間無料で利用できる「Progress Corticon Studio 評価版」のダウンロード・サービスを開始した。評価版は、機能は製品版と同一だが、データベース接続オプションは含まない。

 税別価格は、「Progress Corticon Server」(ビジネスルール・エンジン)が880万円/コア、「Progress Corticon Studio」(ルールモデリング)が55万円/ユーザー。