マイクロソフトが2012年に発売したOS「Windows 8」。タブレットメーカーは、ビジネス用途に適した特徴を評価し、Windows 8をOSに採用した企業向けタブレットの開発・販売に力を入れている。そんななかにあって、ITベンダーの有望商材として注目を集めているのは、ビジネスシーンでWindows 8タブレットを安全に活用することができるセキュリティのツールだ。ソフトウェアの販売を手がけるアシスト(大塚辰男社長)は、2段階のユーザー認証など、各種セキュリティ機能を統合的に提供する製品群「スマートセキュリティSuite」を、 2月上旬に発売した。「スマートセキュリティSuite」はどんな製品なのか。アシストの担当責任者にたずねた。(取材・文/ゼンフ ミシャ)