イノーバ(宗像淳代表取締役)は、9月2日、米セールスフォース・ドットコムとの資本・業務提携を発表した。また同日、新規の投資家であるDraper Nexus Venture Partnersと既存投資家の日本ベンチャーキャピタル(NVCC)を割当先とした第三者割当増資を実施し、総額2億2000万円の資金調達を行った。

 イノーバは、従来の企業向けコンテンツの提供やコンテンツマーケティング導入支援に加え、クラウド領域での新サービスとして、マーケティングオートメーション機能とコンテンツマネジメントシステムの長所を合わせた新サービスを開発している。セールスフォース・ドットコムとの業務提携を受けて、開発をさらに加速するとともに、「Salesforce1プラットフォーム」を基盤としたアプリケーション、マーケティング、販売など、「Salesforce1」関連の協業を推進していく。

 新サービスとセールスフォース・ドットコムの「Sales Cloud」「ExactTarget Marketing Cloud」がシームレスに連携することで、コンテンツマーケティングを軸としたリード獲得から営業活動による受注などを可視化し、さらに高度で最適なコンテンツの設計、見込み顧客とユーザーのコミュニケーション設計をサポートする。