日本ユニシス(黒川茂社長)、ユビテック(荻野司社長)、ジョルダン(佐藤俊和社長)、日産カーレンタルソリューション(中川一夫社長)は、電気自動車(EV)/小型EVでのカーシェアローミングサービスを北海道函館市で提供する。9月8日に利用者の募集を開始した。

 4社が共同で開始するEVカーシェアローミングサービスは、地方都市でのEVカーシェアを活用した新たな低炭素型交通システムの構築を目的とするもの。函館市で、9月8日~11月29日の3か月間の期間限定の実証事業として実施する。実証事業は、環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の採択を受けて、観光地・函館市を実証フィールドにする。

 地方都市でのEVカーシェアリングサービスは、車両の稼働率や事業規模に対する費用の課題があり、これまで普及が進んでいなかった。EVカーシェアローミングサービスは、航空交通や鉄道交通の分野で行われているコードシェア(共同運航)や相互乗り入れといった他社との連携によるサービス提供範囲の拡大や利用者獲得の手法をEVカーシェアに採り入れた。事業者間のサービスの違いを吸収するシステムによって、利用者の利便性だけでなく、事業者側にも「空き車両を減らすことができる」「サービスエリアを拡大できる」という効果を創出し、事業性を向上するサービスモデルをつくる。

 函館市の実証事業では、市内に設置した大型情報端末「函館インフォメーション」を用いて、路面電車などの公共交通サービスとも連携。最適ルート検索サービスによって、観光客や長期滞在者でも簡単にEVカーシェアを利用できる情報サービスを提供し、利用を促進する。