日立システムズ(高橋直也社長)は、9月19日、10年以上の豊富な無線LAN構築実績で培ったノウハウを生かし、クラウド型で簡単に導入できる法人向け無線LANサービス「クラウドWi-Fiサービス」の提供を開始した。

 「クラウドWi-Fiサービス」は、これまで導入型が一般的だった無線LAN管理コントローラの機能を、クラウド型で安価に短期間で提供するサービス。無線LAN導入に伴う事前調査やアクセスポイント設置工事はもとより、導入のコンサルテーションから運用まで、すべての工程できめ細かなサービスをワンストップで提供する。

 導入することによって、運用管理者はインターネットと接続したPCやスマートデバイスから、専用のポータルサイトを通じて無線LANの稼働状況や障害情報を参照できるようになる。利用する無線LANアクセスポイントは、インターネットを通じてクラウドから設定情報を自動的に取り込むことができるので、導入期間を短縮できるほか、拠点追加やフロア増床などによって管理対象のアクセスポイントが増えても、管理コントローラを交換する必要がない。管理規模の増減に柔軟に対応でき、最小規模から利用を開始することができる。

 税別価格は、システム構築費用が30万円から。ネットワーク設計、パラメータシート作成、クラウドコントローラー設定出荷までを実施する。

 日立システムズは、小売業などの多拠点・多店舗展開企業に向けて、働きやすい職場環境の実現や顧客サービス向上を支援する「クラウドWi-Fiサービス」と無線LAN構築サービスを拡販していく。