日立システムズ(高橋直也社長)とセキュアブレイン(成田明彦社長兼CEO)は、10月7日、日立システムズによるセキュアブレインの完全子会社化に向けた株式譲渡契約を締結したと発表した。日立システムズは、発行済株式の約8.56%を保有するセキュアブレインを、10月末をめどに完全子会社化することを目指し、買収完了に向けた手続きを進める。

 日立システムズは、セキュリティに精通したエンジニアがワンストップで対応するセキュリティソリューション「SHIELD」を提供。Security Operation Center(SOC)を活用した24時間365日のセキュリティ運用・監視サービスや、高度な分析・対策サービスを行っている。このSOCサービスの拡充やセキュリティサービスの開発体制を強化し、さらに高まるセキュリティ対策ニーズに対応するために、すぐれたセキュリティエンジニアやセキュリティプロダクトを多数有するセキュアブレインを子会社化する。

 セキュアブレインは、「PhishWall」をはじめとするセキュリティ対策ソフトウェアやサービスの拡販を強化するために、多くの実績をもち、充実したリソースを基盤にした運用サービスを提供する日立システムズとの事業シナジーによって、事業基盤やコーポレートブランド力の強化を目指していた。

 セキュアブレインの子会社化によって、日立システムズは、すぐれた技術者集団の技術・ノウハウを活用し、SOCから提供する不正URL分析や、マルウェア分析、セキュリティ情報収集サービスなどを強化するほか、インターネットバンキング監視やクライアント監視などの新サービスや、産業制御システムをはじめとする社会インフラ分野向けの新サービスを提供していく。