アルティマ(三好哲暢社長)は、ヤフーが運営するポータルサイト、Yahoo! JAPANのネットワークインフラで、高速データベースで構築するOracle Real Application Cluster(Oracle RAC)向けに、アルティマが販売する米HGSTのPCIeフラッシュストレージ「FlashMAX II」とメラノックステクノロジーズの「InfiniBand」製品が採用されたと発表した。

 Yahoo! JAPANは、インターネットによる情報検索、ショッピング、旅行、ニュース、映像配信など、150種類以上のさまざまなサービスを提供。国内最大規模の膨大なデータを、高速で瞬時に処理することが求められている。しかし、こうした大容量のデータベース(DB)を高速化するには、ネットワーク速度とストレージI/Oがボトルネックとなっていた。

 この改善策として、アルティマは、高帯域・低レイテンシの「InfiniBand」と、高速で小型の「FlashMAX II」を組み合わせた高速DB向けソリューションを提案した。

 「InfiniBand」を使うことによって、56Gbs(FDR)の高速性能、1μs(マイクロ秒)以下の低レイテンシによってI/Oを最適化し、あわせてストレージに「FlashMAX II」を使うことで、安定した性能と高いIOPSを実現。高性能・低レイテンシのインターコネクトとストレージを組み合わせることで「高速Oracle RAC DBシステム」を構築した。