NTTデータグループのクニエは、NTTデータが開発・公開しているオープンソース統合運用管理ソフトウェア「Hinemos(ヒネモス)」を活用し、独SAP製品群の統合監視ソリューションの提供を開始した。

 「Hinemos」は、NTTデータが公開しているオープンソースのシステム統合運用管理ソフトウェア。クニエは、SAPの製品群に対する稼働・性能監視を「Hinemos」で可能にする独自のフレームワークを開発した。

 これによって、SAP製品を含むアプリケーションレイヤーからハードウェアやネットワーク、その他汎用ソフトウェアまで、システム全体を統合監視できる。システム運用管理に関わるライセンスコストや保守コストなどの削減が可能だ。

 NTTデータは、クニエと「Hinemos」ソリューションパートナー契約を締結し、クニエによるSAP製品向け統合監視ソリューションの開発を支援している。