東邦銀行(北村清士取締役頭取)と東芝ソリューション(錦織弘信社長)は、インターネットを利用して顧客の相談・手続きを支援するサービスを共同開発し、11月4日、相続業務を対象に運用を開始した。

 東邦銀行は、相続相談サービス分野でのノウハウを提供。東芝が新たに開発した自然な言葉のやりとりでの対話技術と、東芝ソリューションがこれまで得意としてきた事務規定管理ソリューションなどのプロセス管理のノウハウ・資産を組み合わせることで、国内金融機関で初めての新たな相談サービスを共同開発した。

 相続でのさまざまな質問を、スマートフォンなどを含めた多様なインターネット端末から相談できる専用のアプリを開発。対話技術によるナビゲーション機能を搭載することで、各種相談から来店予約まで、顧客が簡単に操作・活用できるようにした。個人情報のセキュリティには、万全を期している。

 今後、東邦銀行と東芝ソリューションは、技術革新と運用プロセスの最適化によって、顧客の利便性を考慮したサービスの向上に取り組んでいく。