東芝ソリューション(錦織弘信社長)は、10月22日、Industrie 4.0に代表される製造業での次世代のものづくりに向けたソリューションとして、「Meisterシリーズ」の強化版を、14年冬以降に順次市場投入していくと発表した。

 次世代のものづくりを実現するには、従来の製品中心のバリューチェーンだけではなく、製品をつくる製造設備、生産技術、生産プロセス、受注から配送などのプロセス全体を包含したスコープで、Industrie 4.0でも提唱されている四つのバリューチェーン(プロダクトチェーン、ファクトリーアセットチェーン、テクノロジーチェーン、オーダーチェーン)で考え、これらをICTで支え、それぞれをバランスよく高度化させていく必要がある。

 東芝ソリューションは、長年にわたり製造業の各社に提供してきたICTソリューション群を、「次世代ものづくり」へ向けたソリューションとして進化させ、第一弾として、プロダクトチェーンを対象とした「Meisterシリーズ」の機能を強化して、14年冬から順次リリースしていく。

 PLMソリューション「PLMMeister」は、ものづくりに関するあらゆるデータを預かる「ものづくり情報プラットフォーム」として、膨大なデジタルデータに対するフレキシビリティとスケーラビリティを強化。パーソナライズ対応フレキシブルBOM、個客オーダーレシピへの対応機能などを行う。

 設計開発プロジェクト管理ソリューション「ProjectMeister」は、複数企業や複数拠点にまたがるバリューチェーンをデジタルな世界でつなぐコラボレーティブ製品の開発機能を強化。設計・開発拠点間でのワールドワイドでフレキシブルなローディング機能などを提供する。

 戦略調達ソリューション「ProcureMeister」は、フレキシブルなマルチサプライヤー選択機能、顧客に応じたダイナミックサプライチェーン組み替え機能、コストベースのダイナミックプロキュアメント最適化機能、グローバルなサプライチェーンの災害対策機能などを提供する。

 製造プロセス管理ソリューション「LotViewer」は、MESの高機能版としてのダイナミックディスパッチ機能や、製造装置や他システムとのインターフェース強化、製造プロセスのビッグデータ対応などを行う。

 製品・市場品質管理ソリューション「PQTMeister」は、IoT技術の搭載によるものづくりプロセス・出荷後の品質情報・トレーサビリティ情報の自動取得、膨大なトレーサビリティ情報の利活用などをサポートする。

 このほかにも、出荷後のアフターサービスや顧客一人ひとりのカスタムオーダーに対応する次世代CRM「T-SQUAREシリーズ」や、スマート工場での生産設備・エネルギーなどの遠隔監視・保全を担う「TMSTATION」、製造プロセスや顧客サイトに納入した製品・設備へのIoT適用を支える「東芝M2Mクラウド」などを次世代ものづくりソリューションとして強化していく。