日立製作所(日立、東原敏昭社長兼COO)は、11月25日、東京都港区港南の日立のプラットフォーム検証施設「ハーモニアス・コンピテンス・センター」内に、プレゼンテーション施設「イノベーションスクエア」を開設する。

「イノベーションスクエア」のプレゼンテーションエリア

 体験型のデモンストレーションや、具体的な取り組み事例の紹介などを交えたプレゼンテーションを通じて、日立グループが推進する社会イノベーション事業を支えるITを利活用した先進的なソリューションと、その利活用モデルを紹介する。

 「ヘルスケア」「製造」「流通・小売」「一般企業・オフィス」「まち・インフラサービス」の5カテゴリの各種ソリューションを紹介。顧客のニーズに応じて、専任のスタッフが、体験型のデモンストレーションや具体的な事例の紹介を交えたプレゼンテーションを行う。

 技術体験コーナーでは、指静脈認証装置やテレビ会議システム、高速データアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binderプラットフォーム」などの製品について、実機を展示して紹介。実際に体験することもできる。

 日立は、「イノベーションスクエア」と「ハーモニアス・コンピテンス・センター」を活用し、顧客やパートナー企業とのコミュニケーションをさらに活性化し、顧客が抱える課題の解決や新たな価値の創造を目指す。