日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、11月12日、クラウドサービス「SoftLayer」をユーザー企業が効果的に利用できるよう、システム構成や運用機能設計、セキュリティ情報などを業界・業務ごとにまとめた「業界業務プロファイル」を発表した。現段階で用意したプロファイルは11種類。「SoftLayer」を提供するISVやSIerなど、パートナー企業の拡充によってプロファイルのラインアップを増やしていく方針だ。

 「業界業務プロファイル」は、日本IBMが提供する製品・サービスを活用して「金融」「ゲーム業界」「ハイ・パフォーマンス・コンピューティング(HPC)」「デジタル・マーケティング」「SAPグローバル展開」「IoTサービス・デリバリー・プラットフォームサービス」、パートナー企業の製品・サービスを活用して「エンジニアリング」「CRM」「建設ドキュメント」「ボイス・オブ・カスタマー分析」「EDI受発注」をテーマにまとめた。

 例えば「金融プロファイル」は、FISC安全対策基準とベンチマークした結果、金融システムに必要な高度なセキュリティ要件を考慮しながら、迅速に稼働できるよう作成。「HPCプロファイル」は、ビッグデータ分析ができる構成にした。パートナー企業の製品・サービスを活用してまとめたプロファイリングは、エンジニアリングでパイオニアVC、CRMでAIT、建設ドキュメントでトッパンエムアンドアイ、ボイス・オブ・カスタマー分析とEDI受発注で日本情報通信が、それぞれソリューションを創造した。

 会見では、小池裕幸・執行役員クラウド事業統括担当が、「パートナーを拡充して、今後も業界・業務ともにプロファイルをさらに充実させる」という方針を示した。米SoftLayer創業者のランス・クロスビーCEOも登壇し、「既存のオンプレミス型システムと連携しやすいパブリッククラウドであるという点が『SoftLayer』の強み」と述べ、「今年に入って世界のさまざまな地域でデータセンターを開設している。日本でも、年内中に稼働を開始し、さらにユーザー企業が利用しやすい環境が整う」とアピールした。(佐相彰彦)

日本IBMの小池裕幸執行役員

米SoftLayerのランス・クロスビーCEO