ビットアイル(寺田航平社長兼CEO)は、ビットアイルのデータセンター(DC)とIBMのクラウドサービス「SoftLayer」を専用線で接続するサービス「BI-Direct Access for SoftLayer」(仮称)を、5月に提供する。

 「BI-Direct Access for SoftLayer」は、ビットアイルのDCと「SoftLayer」の東京都内にある接続拠点「TOKYO NW-POP」を顧客別に専用線で接続し、ハイブリッドクラウド環境を提供するサービス。これによって、ビットアイルのDC内にあるユーザーのシステムとSoftLayer上のシステムを、セキュア・低遅延で接続・連携する。

 ユーザーは、「SoftLayer」の柔軟なサービスと社内やDC内にあるオンプレミスのシステムやプライベートクラウドをシームレスに組み合わせて、自社に最適なインフラ構築を実現できる。とくに「SoftLayer」が、グローバル展開するDC間の無料高速ネットワークを活用することで、海外に展開するシステムと国内のシステムとのセキュアな連携を低コストで容易に実現でき、グローバルな事業展開をサポートするIT基盤を構築しやすくなる。

 ビットアイルは、「BI Direct Access for SoftLayer」を、ビットアイルのDCサービスやクラウドサービスと組み合わせて、ハイブリッドクラウドを求めるエンドユーザーと、エンドユーザーに対してクラウドサービスやインフラアウトソーシングサービスを提供するIT事業者向けに提供する。今後は、さらに短納期・低コストで利用できる共用型サービスの提供も予定している。