アクロニス・ジャパン(アクロニス、村上督代表取締役)は、いつも使っている社内ファイルサーバーで、あたかもクラウド・ストレージ・サービスのような機能と操作性を実現するオンプレミス・モバイル・ファイル共有ソリューションの最新版「Acronis Access 7」を、11月12日に発売した。

 「Acronis Access」は、既存の社内ファイルサーバー上のファイルをモバイルデバイスで閲覧・編集し、編集後のデータを社内サーバーに保存するなど、社内のファイルが、モバイルでいつでもどこからでも利用できるソリューション。ファイルの同期や社内外でのファイル共有も簡単・セキュアに行うことができる。

 企業のコンテンツを情報漏えいなどのリスクから保護するだけでなく、コンシューマ向けアプリやクラウドサービスと同等以上の操作性とパフォーマンスを実現。これによって、企業の生産性向上を支援する。

 最新版は、既存の社内ファイルサーバー、NAS、SharePointにウェブブラウザからアクセスできるようにした。また、ウェブAPIを提供し、カスタムアプリの作成やウェブベースの既存ソリューションとの統合ができるようになった。

 価格(保守1年を含む)は、25ユーザーが19万8000円、50ユーザーが29万8000円、100ユーザーが44万8000円。上位エディションの「Acronis Access Advanced」は、250ユーザーまで1ユーザー2万5000円から。