アクロニス・ジャパン(村上督代表取締役)は、1月15日、ディザスタリカバリやデータプロテクションなどを単一のプラットフォームで実現する統合ソリューションの最新版「Acronis Backup&Recovery 11.5」ファミリーの拡張版で、Microsoft Active Directoryのバックアップと復元用途向けに最適化した「Acronis Backup&Recovery 11.5 for Microsoft Active Directory」を発売した。

 「Acronis Backup&Recovery 11.5 for Microsoft Active Directory」は、特許出願中のシングルパスバックアップ技術によって、OSやファイルを保護するディスク全体のバックアップを行うことで、同時にMicrosoft Active Directoryのデータも保護。Microsoft Active Directoryへのアクセスを最小限にすることでバックアップの信頼性を高め、重要なMicrosoft Active Directoryデータを確実に保護する。

 WindowsサーバーとMicrosoft Active Directoryを包括的にバックアップ・復元する「Acronis Backup&Recovery 11.5 Server for Windows with Microsoft Active Directory」、複数のWindowsサーバーとMicrosoft Active Directoryの高度なバックアップの統合管理に加え、システムやMicrosoft Active Directoryデータベースの復元を実現する「Acronis Backup&Recovery 11.5 Advanced Server for Windows with Microsoft Active Directory」、Acronis Backup&Recovery Server for WindowsやAdvanced Server for Windows、Virtual Editionのユーザー向けのアドオン版「Acronis Backup&Recovery 11.5 Microsoft Active Directory Add-on」の3製品をラインアップする。

 税別価格は、「Acronis Backup&Recovery 11.5 Server for Windows with Microsoft Active Directoryが12万8000円、「Acronis Backup&Recovery 11.5 Advanced Server for Windows with Microsoft Active Directory」が16万8000円、「Acronis Backup&Recovery 11.5 Microsoft Active Directory Add-on」が3万2200円。