ネットワールド(森田晶一社長)は、シスコシステムズの次世代SDN(Software Defined Network)ソリューションである「Cisco Application Centric Infrastructure(Cisco ACI)」を、12月11日に発売した。

 「Cisco ACI」は、ネットワーク機器の構成定義を抽象化してプロファイル化し、ACIファブリック内のスイッチに適用することで、ネットワーク知識がなくても、迅速・容易に物理と仮想のネットワークを構築できる次世代のSDNソリューション。オープンAPIによって、管理、オーケストレーション、監視、仮想化、ネットワークサービス、ストレージなどのエコパートナー製品と連携でき、「Cisco ACI」のGUI(グラフィカル・ユーザーインターフェース)から、シスコのネットワーク機器だけでなく、エコパートナー製品も一元管理できる。

ネットワールドは、F5ネットワークスの「F5 BIG-IP」やシトリックス・システムズの「Citrix NetScaler」をはじめとする「Cisco ACI」のエコパートナー製品のディストリビュータでもある。仮想化やネットワーク、セキュリティなど、豊富な製品・ソリューションの取扱いで実績がある強みを生かして、「Cisco ACI」とエコパートナー製品を連携した「ACIソリューション」を提供する。

また、仮想化システムに必要なサーバー、ストレージ、ネットワーク、各種仮想化ソフトウェアなどの最新環境を常設する複合システム検証センター「GARAGE」や、顧客に導入する機器を出荷前に検証・構築する「プリ・インテグレーションセンター」を完備。これらを活用して、「Cisco ACI」の専用環境を設置する。これによって、「Cisco ACI」とエコパートナー製品との連携を含めた実システムに近い環境で検証し、プロジェクト期間を大幅に短縮する。

さらに、「Cisco ACI」やシスコのネットワーク製品に関わる資格を取得したエンジニアが講師を行うセミナーや、トレーニングを開催。コンサルティング、導入支援などのサービスとともに、導入を決定したパートナーやエンドユーザーに、スタートアップサービスとして、「Cisco ACI」の操作方法に関するトレーニングを無償で提供する。

ネットワールドは、「Cisco ACI」の販売で、3年間で20億円の売り上げを目指す。