ネットワールド(森田晶一社長)は、米Cumulus Networks社とディストリビュータ契約を締結し、12月8日にネットワークOS「Cumulus Linux」を発売した。

 「Cumulus Linux」は、汎用スイッチチップを搭載するホワイトボックススイッチで動作するLinux OSで、ネットワーク機器のハードウェアとソフトウェアの分離を実現する。Linuxのスキルセットで扱うことができるので、コンピューティングリソースとネットワークを共通の機能やスキルで管理・運用できる。

 ネットワールドは、今年7月に販売を開始した台湾のQuanta Cloud Technologyのホワイトボックススイッチに「Cumulus Linux」を搭載し、今後、改めてスイッチとCumulus OS両方の自営保守サポートを提供する。

 また、VMware認定ディストリビュータであるネットワールドは、「VMware NSX」と「Cumulus Linux」を連携するシステムの総合的な技術支援を提供し、SDDC(Software-Defined Data Center)の普及を加速していく。

 主なモデルの税別参考価格は、「Cumulus Linux 1Gライセンス」が11万9000円から、「Cumulus Linux 10Gライセンス」が17万円から、「Cumulus Linux 40Gライセンス」が22万1000円から、「Cumulus Linux 1Gライセンス + Quanta 1Gベアメタルスイッチ」が66万8000円から、「Cumulus Linux 10Gライセンス + Quanta 10Gベアメタルスイッチ」が116万円から、「Cumulus Linux 40Gライセンス + Quanta 40Gベアメタルスイッチ」が181万1000円から。