ダイワボウ情報システム(DIS、野上義博社長)は、100%出資子会社であるディーアイエス物流とディーアイエステクノサービスを4月1日に合併すると発表した。

 DISが販売するICT商品に関わる物流事業を担うディーアイエス物流と、サービス&サポート事業を担うディーアイエステクノサービスを統合することで、両社が進めているキッティング、物流加工、コールセンター運営などの各事業での業務の重複を解消し、効率化を図る。また、両社のノウハウを統合し、人材・経営資源を有効活用することで、両社が提供するビジネスの拡大を目指す。これによって、同社グループ全体の事業拡大につなげる。

 合併では、ディーアイエス物流を存続会社、ディーアイエステクノサービスを消滅会社とする吸収合併を実施し、新たに「ディーアイエスサービス&サポート株式会社」として事業を開始する。社長には菊井薫氏が就任する予定。