ニュース

ダイワボウ情報システム、レノボ製タブレット端末の新製品を販売

2014/11/20 18:54

 ダイワボウ情報システム(野上義博社長)は、11月19日、レノボ・ジャパン(レノボ、ロードリック・ラピン社長)と協業し、レノボ製タブレット端末の新製品で、SIMロックフリーの高速LTEデータ通信に対応した「YOGA Tablet 2」を、12月初旬から順次販売すると発表した。

 「YOGA Tablet 2」は、高速LTE通信(受信速度最大150Mbps)とFOMAプラスエリアに対応し、より広いエリアや建物のなかでも電波を受信しやすいタブレット端末。タブレット端末が最もよく使われるシーンに合わせて、形を自由に変えて使うことができる。

 価格はオープン。12月末には、ダイワボウ情報システムと提携するMVNO事業者が提供する高速データ通信サービスのSIMカードを同梱したオリジナルモデルも発売する。
  • 1

関連記事

ウインマジック、レノボの法人向けタブレットが暗号化ソフトを採用

レノボが世界のパソコン市場で首位に、IDC/Gartnerの調査

レノボ×NECのラピン新社長 「驚きの人事」の真相 周到に準備された人事戦略の実際

エス・アンド・アイ、レノボ製シンクライアントのタブレットモデル

レノボ・ジャパン、法人向け「ThinkPad」で初のウルトラブックを発売

外部リンク

ダイワボウ情報システム=http://www.pc-daiwabo.co.jp/

レノボ・ジャパン=http://www.lenovo.com/jp/

「YOGA Tablet 2」=http://www.lenovo.com/jp/catalog/tablet/2014/yogat2_rt_1010_2.html

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>