アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、1月14日、エレコム(葉田順治社長)が提供するコンパクト高速Wi-Fiルータの子ども向けセキュリティ機能「こどもネットタイマー2」に新たに追加された「Webサイトフィルター」へ、フィルタリングサービスを提供すると発表した。

 エレコムの「Webサイトフィルター」は、置き場所を選ばず使用できるコンパクト高速Wi-Fiルータ「こどもネットタイマー2」に新機能として搭載されたウェブフィルタリングサービス。「Webサイトフィルター」は、エレコムのサービス対応ルータにインターネット閲覧端末を接続してウェブサイトを閲覧する際に、子どもに不適切なサイトや見せたくないサイトをブロックし、子どもを守る。

 規制対象となるサイトはアダルトサイト、出会い系サイト、ギャンブルサイトなどのほか、ワンクリック詐欺やウイルス感染などの悪質サイトにも対応。子どものインターネット利用で、保護者が見過ごしがちな携帯ゲーム機やスマートフォン・タブレット端末、音楽用プレーヤーなど、さまざまな機器でのインターネット閲覧をフィルタリングの対象にして、インターネットの出入り口となるWi-Fiルータで一括管理する。

 なお、ウェブフィルタリングサービスは対応ルータに標準バンドルされ、3年間無償で利用できる。