なりすましECサイト対策協議会(事務局:セーファーインターネット協会)は、ECサイト事業者向けに、なりすましECサイト対策の啓発サイト「なりすましECサイトに注意!」を12月1日に開設した。

 なりすましECサイトとは、実在するサイトの外観(屋号、商標、サイト意匠・構成、使用している画像など)を模倣することによって、あたかも当該サイトである、または当該サイトと関係のあるサイトであるかのように消費者に誤認させ、商品代金をだましとったり、模倣品・海賊版や、購入しようとした商品とまったく別の物を送りつけたりするサイト。

 なりすましECサイト対策協議会は、「なりすましECサイト」による被害の拡大を防止するために、啓発サイト「なりすましECサイトに注意!」を開設し、ECサイト事業者向けに行った「なりすましECサイト被害実態調査アンケート」を公開。クリスマス商戦や年末商戦に向けて、被害増加が予想されるこの時期に、ECサイト事業者に注意を喚起するとともに、被害実態や他社の対策事例を紹介することで、事業者の取り組みを支援していく。