AIT(大熊克美社長)とSRA OSS 日本支社(石井達夫支社長)は、2月12日、IBMクラウド環境「SoftLayer」向けオープンソース・サポートサービス「OSSサポートサービス for SoftLayer」を開始したと発表した。

 「OSSサポートサービス for SoftLayer」は、「SoftLayer」クラウド上のオープンソース利用者に対して、オープンソースソフトウェア(OSS)の豊富な経験と多くの実績をもつSRA OSSと協力し、AITが販売を担当しサービスを提供するというもの。

 顧客が利用したいOSSだけを支援する選択型と、多くのOSSサポートを含んだスイート型を用意し、顧客のニーズに対応する。各サービスの内容は、インストールパックの提供(CentOS)、技術問い合わせ対応(ソフトウェアの設定方法、開発中での使い方、ソースコード解析など)、障害対応など。

 今回、「SoftLayer」利用ユーザーへの限定メニューとして、PostgreSQL、Apache、Tomcatの三つのOSSのみを対象とした特別サービスパッケージも提供する。今後は、IBM BluemixやIBM Cloud marketplaceの利用ユーザーにも順次展開していく予定。