華為技術(ファーウェイ、胡厚崑・輪番CEO兼取締役副会長)は、3月16日、ドイツで開催された世界最大のICT見本市「CeBIT 2015」で、独SAPとの提携関係を拡大すると発表した。

 ファーウェイとSAPは、これまでにインメモリ基盤「SAP HANA」の認定ハードウェアやコンタクトセンター、ビッグデータ、スマートシティ、BYODの分野で協力関係を築いてきた。今回の提携関係の強化では、技術協力体制の確立に注力するとともに、物理システムとICTの融合を図る「インダストリー4.0」やIoT(Internet of Things)の分野での研究を進め、新たなソリューションを開発・提供していく。

 その一環として、ファーウェイのICTインフラやネットワークソリューションを、SAPのインメモリ型クラウド基盤「SAP HANA Cloud Platform」や業務アプリケーション、アナリティクス・ツールに統合していく。初期段階では、「SAP HANA Cloud Platform」を利用して、アジャイル・マニュファクチャリング、スマート・エネルギー、スマート運輸ソリューションの開発に注力する。また、中国とEMEA(欧州、中東、アフリカ)地域での運輸、船舶・車両分析サービス、メンテナンスや警備サービス向けのソリューション開発に取り組む。