クオリティソフト(久保統義社長)は、4月3日、ミック経済研究所(有賀章社長)が2月25日に発刊した「情報セキュリティマネージド型・SaaS型サービス市場の現状と展望 2014年度版」の「資産管理サービス」市場で、脆弱性検出型クライアント管理クラウド「ISM CloudOne」が49.8%でトップシェアを獲得したと発表した。

出展:ミック経済研究所『情報セキュリティマネージド型・SaaS型サービス市場の現状と展望2014年度版』

 ISM CloudOneは、グループ企業を数多くもつ大規模な企業体でも利用できるクライアント管理システムで、グループ企業全体のポリシーとして設定したセキュリティ対策を、簡単な操作で継続的に維持できる。PCのセキュリティ維持に有効な、リモートコントロール機能やソフトウェア配布、起動制御機能も利用できる。

マルチデバイス / マルチネットワークの対応イメージ

自動でセキュリティを診断

仮想化環境のパフォーマンス監視に対応!

 また、PC(Windows/Mac)、スマートデバイス(Android、iPhone/iPad)の管理機能に加え、プリンタドライバ連携機能を追加。管理対象もネットワーク環境も選ばない、マルチデバイス、マルチネットワーク管理ソリューションとなっている。導入社数は3万5000社を突破(14年7月末)しており、業種、業態を問わず、幅広い顧客が利用している。