ITホールディングスグループのTIS(桑野徹会長兼社長)は、同社のSaaS型EDI(電子データ交換)サービス「TIS EDI Ondemand Service by ACMS」に、セゾン情報システムズ(宮野隆社長)のファイル転送ツール「HULFT」の新サービス「HULFT‐WebConnect」に対応した新メニューを追加したと発表した。

「HULFT-WebConnect」連携サービスのイメージ

TIS EDI Ondemand Service by ACMSは、EDIシステムの運用に必要な各種機能をSaaS型で提供するサービス。HULFT‐WebConnectは、セゾン情報システムズが提供する、ファイル転送ツールHULFTをインターネットでつなぐSaaS型サービスで、HTTPS形式で通信を行うため、既存のインターネット接続環境を有効活用でき、データの圧縮および独自転送技術により、高速な伝送を実現する。

 今回のTIS EDI Ondemand Service by ACMSのHULFT‐WebConnect対応の新メニューでは、契約企業の基幹システムとTIS EDI Ondemand Service by ACMSの間の伝送、またその取引先間の伝送において、HULFTによるセキュアなファイル転送がインターネット環境で容易に行える。これにより、従来の業界標準プロトコルを利用したEDI環境に加えて、インターネットを利用した大容量のファイル転送が可能になる。