ライフコーポレーション(岩崎高治社長)と富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、米倉誠人社長)、凸版印刷(金子眞吾社長)は、5月29日、16年春(予定)に自社型電子マネーカードによる決済サービスを、ライフコーポレーション全店(15年5月時点248店舗/首都圏107店舗、近畿圏141店舗)で開始すると発表した。

 今回、ライフコーポレーションでは、顧客に対してより便利な支払方法を提供するため、富士通FIPと凸版印刷が共同で運営する「サーバ管理型電子マネーサービス」を導入し、ライフのポイントカードと一体化した自社型電子マネーカードを発行する。これにより、顧客にとってはキャッシュレスでの買物、レジ精算時のストレスの削減とともに、ライフのポイントをためることが可能となり、今まで以上に便利に買物ができるようになる。

 ライフコーポレーションが富士通FIP・凸版印刷と協業して自社型電子マネーを発行する理由としては、サーバ管理型電子マネーサービスが、安全なデータセンターで運用される「信頼性の高さ」とともに、これまでの豊富な実績から蓄積されたノウハウをもとに、情報技術の提供にとどまらず、導入計画から運用設計、カード製造、プロモーションまで、電子マネーサービスのすべてに精通しており、顧客に安心して利用できるシステム構築が可能なことを挙げている。

 今後は、来春の導入に向けて本格的に協業を進めていく。これからもライフコーポレーションと富士通FIP・凸版印刷は、顧客の利便性向上にさらに注力していく。