ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、6月8日、国内で初めて、米ブロケードコミュニケーションズシステムズ(ブロケード、ロイド・カーニー社長兼CEO)が、販売パートナーに対してクラウド基盤構築の豊富な実績と高い将来性を認定する資格「Brocade Cloud Builder Specialization」を取得したと発表した。この資格取得によってネットワンシステムズは、高度な専門性と豊富な実績の裏付けのもと、注力するクラウド基盤構築事業の拡大を図る。

 今回の資格取得に際しては、イーサネット・ファブリックスイッチ「Brocade VDX」や仮想ルータ「Brocade Vyatta vRouter」などのブロケード製品の営業的・技術的実績をもつことや、ネットワーク以外のクラウド基盤の構成要素であるサーバー・ストレージ・仮想化・クラウド管理も包括した高い専門性をもつこと、またマルチベンダー環境による次世代ICT基盤を顧客が体感できるデモ施設「ソリューション・ブリーフィング・センター」を活用した高付加価値提案の仕組みををもつことなどが高く評価された。

 今後もネットワンシステムズは、高度なクラウド基盤構築技術や、自社でのICT利活用の実践ノウハウをもとに、顧客のクラウド基盤構築を支援していく。