SKテレコム(張東鉉社長)は、韓国企業の海外進出を支援する韓国政府公的機関の大韓貿易投資振興公社と共同で、中国深センでIT ROAD SHOWを開催すると発表した。今回は、SKテレコムのライフウェアブランドである「United Object(UO)」関連のIT企業が集結し、中国市場への進出を目指す。

 IT ROAD SHOWは、中国最大のIT製品流通地区である華強北商業区を活用し、SKテレコムのライフウェアを生産する関連企業の中国市場への進出を支援する。

 華強北商業区は、流通の実店舗が15万店、一日に訪れる人は50万人超と、中国IT製品流通の不動の聖地だ。この聖地に、本拠地をおく深セン華強集団(粱光偉董事長)と深セン市賽格集団(孫盛典董事長)は、華強北商業区で最も影響力がある中国IT製品流通事業者で、幅広いチャネルを有している。今回のイベントに参加する企業は、華強集団、賽格集団および関連企業とビジネス商談を交えながら、中国市場進出に具体的に取り組んでいく。

 SKテレコム事業統合部門のパクチョルスン本部長は、「上海のMWC(Mobile World Congress)と深センのIT ROAD SHOWを通じて、UOブランドの中国市場への進出を加速するとともに、韓国のUO関連企業と協力して、中国市場での成功を足がかりに、グローバル市場への進出計画を模索する」と、中国市場進出への意気込みを語った。(文/鄭麗花)