ラリタン・ジャパンは、サーバーやルータ、スイッチ、ファイアウォールなどのネットワーク機器、ラック用電源タップ(PDU)などシリアルポートをもつ製品を遠隔アクセス・制御するIPベースの次世代シリアルコンソールサーバー「Dominion SX II」を、10月1日に発売した。

 Dominion SX IIは、各IT機器に高速接続してどこからでも管理・制御することができる。これにより、サポートに要するコストやスタッフの移動などの時間を大幅に削減し、迅速に各種インシデントや問題を解決することで、ビジネスのアップタイムを向上する。

 また、ネットワークの障害発生時にも、コマンドラインにより確実に対象機器へアクセスが可能で、トラブルシューティングや再構成、修復/復元、リブート、電源のオン/オフをリモート実行できる。そのため、デバイスがハングアップしても、Dominion SX IIとラリタンのインテリジェントラックPDUを用いて、各デバイスの電源スイッチを一旦切ってすぐに入れ直すことができる。

 IUサイズで最大48ポート(4、8、16、32、48ポート)を収容し、緊急時でも確実なIT機器へのアクセスを確保するため、13モデルすべてに、二重化AC/DC電源、自動フェイルオーバー機能付二重化ギガビットLAN接続、ポリシーや運用方法に応じて選択可能な多様なラック前ローカルアクセスを搭載、また全モデルに内蔵モデムオプションを用意した。

 CPUは、従来の133MHzから1GHz CPUにアップグレード。RAMを8倍に増強、最大8GBのフラッシュストレージを搭載し、1ポートあたり最大10セッション、合計最大200のシリアルセッションをサポート可能となった。同時接続、接続スピード、シリアル処理が大幅に向上したことで、導入に要する時間を15-23倍高速化している。

 また、FIPS 140-2と256ビットAES暗号化に対応してセキュリティレベルを高め、USBメモリ、またはTFTPサーバー経由で自動インストール/構成を可能にするなど、多くの機能を追加した。さらに、企業全体にわたる全IT機器の制御・アクセスを実現するために、ラリタンのKVM-over-IPスイッチと同様に、「CommandCenter Secure Gateway」によるシングルサインオンでの統合管理が可能となっている。

Dominion SX II

Dominion SX II 接続イメージ