京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)は、英Darktraceと業務提携し、サイバー脅威対策製品Darktrace「Enterprise Immune System」を、10月28日に発売した。

KCCSのセキュリティソリューション

 Darktrace Enterprise Immune Systemは、シグネチャを必要としない新たなアプローチによって、デバイスやユーザーの動作のわずかな変化を検知し、デバイスのマルウェア感染、従業員による不適切な行為など、脅威となる可能性があるイベントを検出する。通常とは異なる通信パターンを機械学習と数学理論を用いた通信分析で自己学習し、ネットワーク内の異常通信・行動をリアルタイムに自動検知・可視化することで、未知のサイバー攻撃への早期対策が可能となる。

 デバイスの種別を問わず検知が可能であるため、オフィスの内部サーバー・ネットワーク機器・クライアント端末だけでなく、工場内の各種デバイスなどIoT/M2Mセキュリティ対策にも有効となっている。

 KCCSは、これまでウェブぜい弱性診断サービス「SecureOWL」によって、ウェブやスマートフォンアプリ、ネットワークのぜい弱性診断、サーバー・ネットワーク機器などへの侵入・改ざん検知などのソリューションを提供してきた。これらの経験を生かし、Darktrace Enterprise Immune Systemの導入コンサルから運用支援までインテグレーションサービスを提供していく。同社では、DarktraceEnterprise Immune Systemの販売で、初年度2億円の売り上げを目標としている。