インフォテリア(平野洋一郎社長)は、12月8日、アイ・ティ・アール(ITR、内山悟志代表取締役)が発行した市場調査レポート「ITR Market View エンタープライズ・モバイル管理/スマートアプリ開発市場2015」の国内モバイルコンテンツ管理市場での製品のマーケットシェアで、「Handbook」が14年度国内市場シェア第1位を獲得し、4年連続No.1を達成したと発表した。また、IT分野の調査会社「Gartner」のMobile Collaborationに関する調査レポートで、国内ベンダーとして初めてインフォテリアの社名が掲載されたことも発表した。

Handbook利用イメージ

 ITR Market Viewの調査結果によると、国内モバイルコンテンツ管理市場の14年度の売上金額は8億3000万円、前年度比40.8%増と大幅な伸びとなった。同市場の認知度は着実に高まっていることから、15年度も前年度比で30.1%増と引き続き高い伸びが予測されている。

 こうした市場のなかで、インフォテリアの「Handbook」は、14年度の売上金額が1億9000万円、前年度比15.2%増と高成長を維持した。14年12月にはパートナー体制を改変し、パートナーの拡大を推進。とくに、地方都市に強いパートナーの拡充を行っており、新たな市場開拓も積極的に進めていることから、15年度も同26.3%増と引き続き高い伸びになるものと予想している。

 「Handbook」は、今年度に入って成長のスピードが加速しており、前年度比で30%以上の増販を続けているという。導入件数も900件に到達(15年9月末現在)し、15年度内には1000件を達成する見通しとなっている。ITR Market Viewでの4年連続シェアNo.1に加えて、Gartnerの調査レポートにもインフォテリアの社名が掲載されたことから、国内外のマーケットでの「Handbook」の存在感は着実に高まっているといえよう。