arcserve Japan(江黒研太郎社長)は、同社が提供する統合バックアップ/リカバリ・ソリューション「Arcserve Unified Data Protection(Arcserve UDP)」が、富士通(田中達也社長)のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5(K5)」に対応し、2月17日から利用可能になったと発表した。

 富士通とarcserve Japanは、Arcserveシリーズでの20年におよぶ強固なパートナーシップを背景に、顧客の事業継続性の強化を支援してきた。両社は、クラウド環境でも使いやすく、信頼性の高いバックアップソリューションであるArcserve UDPを、富士通のデジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」の中核商品であるK5上で動作させるための設計・検証を、15年9月に共同で開始し、今回、K5に対応した最初のバックアップソリューションとして、Arcserve UDPを提供する。

 これにより、顧客はArcserve UDPを活用して、K5上に構築した業務システムのOS稼働中のデータバックアップや、自社内に構築したシステムから必要なデータをK5上へ二次バックアップすることができ、自社のストレージ領域やネットワーク帯域の占有や日々の運用コストを抑えながら、業務継続性のさらなる強化が可能となる。

 また、K5は、16年度以降海外での提供も予定しており、データのバックアップ先として海外を利用したい顧客にも対応していく。

 今後は、顧客がArcserve UDPの設定画面からK5をバックアップ先のクラウドとして選択するだけで、顧客環境からクラウド環境へのバックアップを可能にする機能をArcserve UDPに追加するなど、顧客ニーズに沿った機能を強化していく予定。