東芝インダストリアルICTソリューション社(錦織弘信社長)は、モバイル版仮想試着サービス「Coordinate Plus」の新機能として、「自撮りアバター作成機能」と「SNSへのシェア機能」を3月8日に追加した。

 Coordinate Plusは、スマートフォンなどのモバイル端末上で、自分に似合う服を確かめてから購入することが可能なサービス。好きな服をいろいろと試しながら買い物を楽しむという体験を、簡単・身近に提供する。

 今回新たに追加する自撮りアバター作成機能は、自分自身を撮影した自撮り画像でアバターを作成する機能。家族や友達のアバターを作成・保存して、そのアバターにアイテムを試着させることができる。

 SNSへのシェア機能では、FacebookやLINE、Twitterなどに試着した画像をシェアすることが可能となった。アバター作成機能で作成したアバターに試着させた画像もシェアできるため、家族や友達のアバターに最新や好みのコーディネートで試着させ、その画像をシェアすることができる。