週刊BCNは、「BCN全国キャラバン2016 in 仙台」を3月25日に開催する。テーマは、「求む!ビジネスパートナー~SIer、リセラーのためのITトレンドセミナー~」。

 クラウドビジネスの拡大が著しい現在、これまでとは一線を画すIT商材やサービスが続々と登場するなか、これら新商材の担ぎ手を求める声は日増しに大きくなっている。なかでもユーザー企業に密着して、ビジネスを展開する日本各地の地場ITベンダーへの期待が高まっている。セミナーはこのような声に応え、日本各地での販路拡大を目指すITベンダーと、売り上げ拡大のための有益な情報を求める地場のSIerやリセラーとのマッチングを目的としている。

 製品の特徴や導入実績、パートナー向けプログラムなどを紹介するほか、業界で注目の最新商材を披露。地場ITベンダーに新しいビジネスの機会を提供するセミナーになっている。

 基調講演では、クラウドサービス推進機構の松島桂樹・代表理事が登壇。スポンサーセッションでは、SAPジャパン、アーク・システムマネジメント、キヤノンITソリューションズ、ティントリジャパンなどのキーマンが自社の強みをアピールする。また、名刺交換会も用意している。

■ 日時
 2016年3月25日(金)
 13:30~17:00
■ 場所
 TKP仙台カンファレンスセンター
 (宮城県仙台市青葉区花京院1-2-3
  ソララガーデンオフィス4F ホール4A)
■ 参加対象者
 SIerやリセラーなどの販売、パートナー戦略企画立案、営業従事者
■ 参加費
 無料(事前登録制)
■ 定員
 40人
■ セミナー詳細はこちら
 http://www.seminar-reg.jp/bcn/itvp20160325_sendai/