キヤノンITソリューションズ(神森晶久社長)は3月28日、ウイルス対策ソフト「ESET」がクラウド上でクライアント管理ができるオプション、「ESETクライアント管理 クラウド対応オプション」を発表した。2016年3月30日より提供を開始する。

 今回のクラウド対応オプションは法人向けで、社内にサーバーを導入せずにキヤノンITSが提供するクラウド基盤上の管理サーバーでESETのクライアントプログラムが管理できる。ウェブブラウザからの管理画面の閲覧、クライアント端末の情報やウイルス発生などのログをさまざまな端末から確認、Windows、Mac共存環境の一括管理など、クライアント管理に必要なサーバーの導入や運用負荷を軽減するとともに、管理における利便性が向上する機能を備えた。

 価格は希望小売価格で、25から249ユーザー用は新規購入価格としては12万6000円、更新価格は9万6000円。

 250から999ユーザー用は新規価格は21万6000円、更新価格は18万6000円。