キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS、神森晶久社長)は3月25日、ウイルス対策ソフト「ESET」がクラウドコンピューティングサービス「Google Cloud Platform」上の仮想マシン環境での利用に対応したと発表した。

 幅広い用途で進むクラウド上の仮想環境利用での安全かつ安定したパフォーマンスのセキュリティ対策の提供を目的とし、キヤノンITSはウイルス対策ソフト「ESET」のクラウドサーバーサービスへの対応を進めている。すでに対応しているAmazon Web Servicesとニフティクラウドに加え、今回の発表でCentOS、Red Hat Enterprise Linux、Windows Server 2008、2012など、Google Cloud Platform が提供する幅広い仮想マシン環境においてもセキュリティ対策が可能になる。

 同時にキヤノンITSは、Google Cloud Platform向け導入支援サービス「Cloud Ace」の提供を発表した。国内で多数の導入実績をもつ吉積情報(吉積礼敏社長)と動作検証において技術的連携を行った。今後、吉積情報はCloud Aceのセキュリティ対策としてESETを採用し、セキュリティ対策オプションとして提供していく。